地域看護の専門家・保健師のお仕事をご紹介します

訪問看護で保健師として働く

訪問看護とは文字通り患者さんの自宅に訪問して看護を行うことです。やはり病院よりも自分の家で、自分らしい療養生活を送れるように訪問看護ステーションのスタッフが訪れて看護ケアを行います。
保健師に適している人ってどんな人?

スタッフは主治医が主となって協力して訪問します。訪問看護ステーションに在籍しているスタッフは医師はもちろんのこと、看護師、准看護師、保健師、助産師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士です。

訪問看護ステーションは24時間356日対応で、病状についてや療養生活について専門家の適切な診断によりケアとアドバイスを行います。様々な在宅ケアサービスを繰り広げており、患者さんや障害のある本人だけでなくその家族も支援していくのが在宅看護サービスなのです。

訪問看護が提供しているサービスは多岐に渡っています。看護をすることもそうなのですが、それ以外にも入浴や食事の補助をしたり、リハビリを行ったり、他には病状を観察することなどの医療的処置など様々です。

また生活していく上での健康指導を行うことも在宅看護のサービス内容であり、そこで保健師が活躍するのです。また、在宅介護の相談を受けて、そしてアドバイスをすることも在宅看護サービスのひとつであります。

自宅でも医療行為が安全にできるように、患者さんの家族に指導をしたり、機器や薬剤の管理をすることもあります。また保健師は、主治医への報告をし、主治医の判断で必要に応じて提携先の福祉サービス機関へ連絡することもあります。

また、訪問看護を行うスタッフになるには豊富な実務経験と知識、更に高い技術が求められています。そして保健師は、医学の知識や予測される病気の判断、そして指導力といった専門的なことだけでなく、主治医や他のスタッフを繋げる調整役もできなければなりません。

当たり前ですが、患者さんとその家族ともきちんとコミュニケーションを取れる人でなければなりません。実は訪問看護ステーションからの保健師の求人はあまり多くはありません。しかし、法律により常勤換算2.5人以上保健師、看護師、准看護師を配置しなければならないと定められているため需要はあります。

しかし、やはり人数に限りがあるのが現実です。そのため求人を探すのには、専門のコンサルタントを 配置している転職支援サービスを利用するとよいでしょう。

コンサルタントは保健師の求人に関してのプロですので、あまり多く求人が出されないような訪問看護ステーションの求人の情報もしっかり把握しています。いちはやく自分のもとに情報を仕入れるのには一番効率の良い方法だと思われます。複数のサイトに登録していれば更に効率が上がるのでおすすめです。

保健所で働く保健師は何をするの?

どの地域にも保健所ってあると思いますが、保健所とはどのような場所なのでしょうか。病院は病気や怪我を治療することが主な仕事でありそれに対し、保健所は地域住民の健康管理や健康指導を行うところです。また保健衛生についての相談も行っております。

保健所には医師や看護師はいますし、更に栄養士や薬剤師、精神保健福祉相談員、理学療法士までもが揃っています。保健師の約7割は行政保健師です。行政保健師とは市役所などで働く保健師と保健所で働く保健師がいます。

保健所ではたらく保健師は対象者がある特定の病気など限定される保健サービス、そして病気を予防するための保健指導などの業務が主なお仕事となっています。実は保健所の保健師が行っている業務の中にエイズの検査が含まれています。

エイズの検査は現在各都道府県の保健所で無料で受けることが出来るのですよ。エイズは人から人へ感染する病気です。このような病気が広まらないように、被害を最小限に抑えるためにも保健師の専門的な知識と視野が必要なのです。

またこのような検査は各保健所により、予約の有無や検査の時間など対応が違ってきます。他にも保健所ではエイズ検査以外の保健サービスを多岐に渡り提供しています。ですので保健師は柔軟な対応が求められているのです。

保健所は各自治体などが運営している施設なので一般企業の求人募集とは違ってきます。保健所の求人は普通ではあまり見かけることがありません。それは、病院のように年間を通して常に求人募集をしているわけではないからなのです。

保健所の求人は、春に出されることが多く、一般的な求人情報誌に掲載されることはほとんどありません。保健所の求人は各自治体が発行する広報誌に掲載されることが多いようです。最近では各自治体のホームページに掲載されることもあるようです。

保健所で保健師として働きたいと思ったら、まずは各自治体のホームページで求人をチェックしてみましょう。他にも看護師や保健師向けの求人サイトに掲載されることもありますのでそちらを利用するのも良いと思います。

求人サイトは病院だけでなく、このような保健所の求人や他にも教育機関や一般企業など様々な求人が掲載されています。保健所の試験内容な一般教養と専門科目の筆記試験ですので、試験よりも求人を探すことが大変なので、このようなサービスを使うことが一番楽で効率的だと言えるでしょう。

メニュー
保健師